失業手当をもらおう

このエントリーをはてなブックマークに追加

失業中は失業手当で再就職を支援してもらおう

失業手当は職がなくなった時に下りる給付金のことを指します。この申請が認められれば、生活の助けになるだけのお金がもらえるので、再就職がしやすくなるというメリットがあります。このお金はもちろん、遊興費に充てる目的のものではありません。再就職のための資金だったり、再就職に必要なスキルを身につける期間の経費だったりという名目があります。ですから、失業手当を受け取る場合、できるだけ早く再就職できるように心がけるのが基本です。

「失業保険」という言葉は、以前は公的機関でも使われていましたが、現在は正しくは「雇用保険」です。「失業保険」と「雇用保険」は別のものという認識もあるようですが、実際は同じものです。このことは勘違いしやすいので、気をつけるようにしましょう。また、保険制度なので、保険料を支払っていた人のみが対象になります。いつ支払っているかというと、実は毎月支払われる給料から定められた額が自動的に引かれています。そのため、特に加入手続きを取っていなくても、会社員であれば問題なく受け取ることができます。

失業手当はあくまでも「雇用保険」の手当のひとつなので、雇用に関わる給付金は失業手当以外にもあります。失業手当の分類は「基本手当」です。それ以外の対象にも当てはまる場合は、忘れずに申請しておきましょう。保険を受け取れるということは、それだけの額を支払い続けてきたということなので、決してやましいことではなく、もらって当然のものです。ただし、条件や職員との話し合いによっては受け取れなくなるケースもあるので、事前に知識を集めてから申請に臨むことが大切だといえることでしょう。まず確認すべきなのは「自分が受給資格者の条件を満たしているかどうか」です。条件を満たしていることがわかれば、次は申請方法を確認します。ハローワークで申請が可能ですが、必要書類がなければ受け付けてもらえないので、そのあたりは特に注意が必要です。

失業手当をもらおう 記事一覧

シングルマザーの就職支援

母子家庭で受けられる支援制度は、大きく分けて「子育て・生活支援」「就職支援」「養育費の支援」「経済的支援」の4つがあります。将来性を考え、今後安定した収入を得たいと考えている方は、シングルマザーの就職...

シングルマザーの就職支援の続きを読む>

失業手当の受給資格を満たしているか確認しよう

失業保険は、誰でも申請すれば受給できるというものではありません。あくまでも受給資格を満たしている人のみが対象になっているので、まずは自分が該当しているのかどうかを確認することから始めましょう。受給資格...

失業手当の受給資格を満たしているか確認しようの続きを読む>

失業保険は必要書類を用意してから申請を行う

失業手当の申請はハローワークで行います。申請の際には、ハローワークに持っていく必要のある書類がいくつかあります。ひとつでも必要書類が欠けていれば、申請することができなくなるので注意が必要です。主な必要...

失業保険は必要書類を用意してから申請を行うの続きを読む>

離職票

失業手当の必要書類の中でも、特にこれだけは気をつけておきたいという書類があります。それが「離職票」であり、退職後にそれまで働いていた会社から受け取ることができます。会社はハローワークに手続きをして、「...

離職票の続きを読む>

雇用保険被保険者証の有無を確認する

雇用保険被保険者証は、会社で働く人に対して渡される書類です。厚生労働省が管轄しており、この書類を持っている人は、雇用保険に入っているということを示します。失業保険は雇用保険の中の手当のことを指すので、...

雇用保険被保険者証の有無を確認するの続きを読む>

失業手当の待機期間

失業手当は、必要書類をハローワークに持っていき、手続きを行うことで申請することができます。しかし、申請したからといって、すぐに給付金を得られるわけではありません。まず、申請時に受給資格の決定を受ける必...

失業手当の待機期間の続きを読む>

失業手当てで支払われる総額は給付制限によって決まる

失業手当には給付制限があります。給付制限がかかると、支払われる総額が少なくなります。給付制限がかかる条件は、退職理由が自分の責任による解雇であること、もしくは自分の都合による退職であることです。このケ...

失業手当てで支払われる総額は給付制限によって決まるの続きを読む>

認定日に失業しているかどうかをチェックする

失業手当は一度給付を認められたとしても、放っておいても最後まで支払われ続けるというわけではありません。その時点では失業していても、今後いつ再就職するかわからないからです。もし再就職が決まったのであれば...

認定日に失業しているかどうかをチェックするの続きを読む>

特定受給資格者であると優遇される

失業手当は、失業した経緯の分類で給付条件が変わる性質を持っています。たとえば、その分類のひとつが「特定受給資格者」と呼ばれているものです。「特定受給資格者」は、たとえば倒産関係の離職の場合ですが、勤務...

特定受給資格者であると優遇されるの続きを読む>

特定理由離職者は自己都合の分類

自己都合による離職は、「自己責任」というイメージが強いのですが、失業手当ではその場合についても例外を設けています。それは「特定理由離職者」と呼ばれ、これに該当しない場合よりも給付形態の待遇がよくなりま...

特定理由離職者は自己都合の分類の続きを読む>

失業手当受給中のアルバイトは許されるかどうか

失業手当は失業している人が給付金をもらえる保険です。ですから、受給中のアルバイトが可能なのかどうか疑問に思う人も多いはずです。結論からいえば、受給中のアルバイトは可能です。ただし、条件を満たせばの話な...

失業手当受給中のアルバイトは許されるかどうかの続きを読む>

失業保険には失業中にもらえる手当だけでなく、再就職手当もある

失業手当は失業中にしか手当がつかないというイメージが強いのですが、実はそのようなことはなく、再就職手当のように就職を促進する目的の手当もあります。就職を促進する目的の手当は、再就職手当以外にも、就業手...

失業保険には失業中にもらえる手当だけでなく、再就職手当もあるの続きを読む>

失業手当ての不正受給を避けるために事例を知っておく

失業手当の不正受給は、実は珍しい話ではありません。不正受給のつもりがなくもらい続けていた人もいれば、不正受給と知りつつあえてもらっていた人もいることでしょう。また、「不正受給かもしれないけどいいか」と...

失業手当ての不正受給を避けるために事例を知っておくの続きを読む>

失業保険がもらえるまでの日数は条件によって異なる

具体的に失業手当がもらえるまでの日数を見ると、離職理由で分かれることがわかります。たとえば、会社の都合による離職の場合、1ヶ月程度でもらえるようになります。ハローワークに行って失業保険の申請を出し、受...

失業保険がもらえるまでの日数は条件によって異なるの続きを読む>

失業手当は退職の際の注意点を知って確実に受け取る

失業手当は、失業中の全員がもらえるものではありませんし、もらえるとしても人によって条件が異なる場合があります。ですから、「どうせ失業保険を受給できるから会社を辞めても問題ない」という考え方はせずに、退...

失業手当は退職の際の注意点を知って確実に受け取るの続きを読む>

失業した時の健康保険の各種手続きについて

会社で働いている間は社会保険の健康保険に加入することが多いのですが、失業するとその資格を失うことになります。しかし、日本では健康保険への加入が義務づけられているので、社会保険の健康保険の資格が失われた...

失業した時の健康保険の各種手続きについての続きを読む>

失業後に職業訓練を利用することの重要性

職業訓練は、職業に就くための知識やスキルを身につけるためのものですが、特に失業後は「公共職業訓練」を利用するのがいいでしょう。「公共職業訓練」は、国や地方公共団体が行っている職業訓練のことを指します。...

失業後に職業訓練を利用することの重要性の続きを読む>

このエントリーをはてなブックマークに追加